マーシャさんの創作アトリエ

自他ボカロ曲とかうちの子とか

個人的好みで選ぶ「物語音楽&民族風音楽」ボカロ曲

こんにちは、マーシャです。今日もがんばっていきましょう。

 

今回の記事では、私の個人的好みで選んだ「物語音楽」と「民族風音楽」のボカロ曲を紹介したいと思います。

 

早速ですが、いきます!

 

1、七つの大罪シリーズ

mothy(悪ノP)

 

www.nicovideo.jp

www.nicovideo.jp

 

 

【Kagamine Rin】 悪ノ娘 / Daughter of Evil【Fanmade PV】(Sub Eng & Esp) - YouTube

 

【Kagamine Len】 悪ノ召使 / Servant of Evil 【Fanmade PV】 (Sub Eng & Esp) - YouTube

 

こちら、ご本人様のYouTubeチャンネルには投稿されておりませんでした…あと原曲じゃなくてすみません…

 

ボカロの物語音楽といったらまずコレでしょ!!言わずと知れたシリーズものですね。その中の代表作である2本を貼らせていただきました。

大きな人気を博しており、マンガ化やミュージカル化もし、mothyさんご本人が小説を執筆、出版していらっしゃる作品です。

VOCALOID製品のキャラクター達を元に作られた登場人物が織り成す物語は、美しくも恐ろしい印象を受けます。

 

様々な解釈が飛び交う曲たちですが、その憶測は正解かそれとも裏切られるのか…。曲の終盤で巻き起こるどんでん返しも見ものです。

mothyさんの名前は「master of the heavenly yard(マスター オブ ザ ヘブンリー ヤード)」の略。つまりは「創造神」という訳ですね(?)

 

2、魔女

すずきP feat.巡音ルカ

 

www.nicovideo.jp

 

【巡音ルカ】 魔女 【オリジナル曲】中文字幕* - YouTube

こちらもご本人様YouTubeチャンネルは存在しませんでした…

 

魔女狩りがモデルと思われる物語です。ルカさんがメインですが、他のボカロ達も一緒に歌ってくれていますね。

主人公であるルカさんモデルの女性が、がくぽさんモデルの王子様と恋に落ちます。しかし、魔女である事がバレてしまいミクちゃんモデルの女性に罰せられていますね。語り部のような役割をしているリンちゃんレン君モデルのキャラクターは…一体何者でしょうかねぇ…(?)

 

MVに出てくる、髪を切られた主人公の姿が何故かとても痛ましいです…。どこか遠いところで、幸せになっている事を願っています。

 

3、Pane dhiria

新城 feat.KAITO

 

www.nicovideo.jp

 

[KAITO] Pane dhiria [Vocaloid][English Sub] - YouTube

仕方ないことなのかもしれませんが、YouTubeにご本人様のチャンネルがある事例はまだまだ少ないみたいですね…

 

「Pane dhiria」はカタカナにすると「パネ ディリア」と言うそうです。とある神と詩人のお話で、元ネタはソーサリアン「天の神々たち」のシナリオから、とのこと。

歌詞に出てくる外国語は、ハナモゲラ語という言語だそうで…。ハナモゲラ語とは、外国語っぽく喋る日本語を指します。つまりあれは日本語なのですね(笑)

しかし解読を試みましたが私にはまだ早かったみたいです…無念。

 

KAITO兄様演じる語り手が向かう天国…怒りで地を荒らす神…その神を泣かせ鎮める語り手の奏でる音楽…ガッツリ神話っぽいところが私は好きです。

曲の途中で、MEIKO姉様と思わしき声が聞こえるのも私はエモいと思います(?)

 

4、人形と左目

デッドボールP feat.初音ミク

 

www.nicovideo.jp

 

初音ミクのオリジナル曲 人形と左目 -Full ver.- 中文字幕 - YouTube

そろそろ切なくなってきました…ボカロPさん達のYouTube進出はよ…

 

厳密には民族風や物語音楽には分類されないと思いますが、個人的に使われている音色と歌詞がそれっぽいと感じた為、こちらもご紹介!

幼い頃に大事にしていたお人形。あなたは、彼女たちの事…忘れていませんよね…ね?

 

本人コメント「髪が伸びる人形とか動く人形とかは聞くんですが、歌う人形って聞きませんよね。なんでなんでしょうか。」

うむ、確かに…(?)

ミクちゃんの可愛らしい声のおかげで怖さ倍増。人形は本当に大切にしなきゃ…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

5、Pleiades

雪ん子マーシャ feat.鏡音リン

 

www.nicovideo.jp

 

www.youtube.com

 

うおぉぉぉぉぉぉぉい!!てめーまたやりやがったなバァァァァァァァァカ!!

 

はい、また自推ですごめんなさい(笑)

別に恒例行事にする訳じゃないです。許して←

こちらの曲に関しては、後日改めて解説した記事を上げますので、ふとこの記事を思い出した時、また私のこのブログまで来てくださると嬉しいです。

 

今回はここまでにしたいと思います。

閲覧ありがとうございました!